ついに人間が負けたか!将棋ソフトが現役プロに初勝利

人間とコンピューターの戦いの象徴ともされている、プロ棋士と将棋ソフトの対戦である第二回電王戦が、渋谷区千駄ヶ谷の将棋会館で30日行われた。五人のプロ棋士と五本の将棋ソフトの対決における第二局において、現役プロである佐藤慎一四段が将棋ソフト「ponanza(ポナンザ)」に敗れた。公の場で現役プロの敗北は初めて。…

ガンの医師が自ら選んだガンの結末に対する理想と現実

がん患者を200人以上看取ってきたという 神代尚芳医師(67)は、皮肉なことに、現在、自らもガンに冒されてしまった。当初は、「独居でも自宅で充実した死を迎えられる社会の実現」を提唱してきたこともあり、一人暮らしをしながら最後を迎えようとしていたものの、現在は、自宅に戻り、家族に囲まれなが末期の肺がんと戦いながら自らの最期を迎えようとしている。 神代尚芳医師は、2007年に設立された「新須磨リハビリテーション病院」院長として自らも患者と接しながら勤務をしてきた。 …

オセロ中島久しぶりにテレビ出演も、マインドコントロールをきっぱり否定

テレビ番組のインタビューでマインドコントロールを否定する中島知子 マインドコントロール騒動で、しばらくマスメディアに登場していなかった、お笑いタレントの中島知子(41)が、29日、テレ朝のワイドショー、「ワイド!スクランブル」に録画インタビューという形で出演した。 内容は騒動の確信に迫る質問であったが、中島さんはまったくたじろぐことなく、インタビューに答えた。マインドコントロールについて聞かれると「意味が分からない。されていないですし。人生相談じゃないですけど、…

発送電分離実施が閣議決定したものの、曖昧なままの原子力政策

 今日、安倍政権が、発送電離分離を4月2日に閣議決定する方針が固まったと発表された。報道によると、安倍晋三首相は改革に対して積極的な姿勢を明確にし、電力分野を6月にまとめる成長戦略の柱の一つに据える考えらしい。  デフレ脱却と成長復活に向けた経済政策「アベノミクス」は、ますます勢いづいていて、最近頻繁にテレビや新聞で目にしたり耳にしたりするようになった。実際、アベノミクス効果で金融市場は活況を呈しており、日経平均株価は上がり、東京・大阪の地価も上がっている。  …

W杯予選で遠藤がPK時にレーザー照射の妨害を受ける

 26日のW杯アジア最終予選、日本ヨルダン戦の後半PKで、MFの遠藤保仁(33=ガンバ大阪)がPKに失敗した。 遠藤がなぜ?と思った人も多いのではないだろうか。というのは、遠藤はPKの名手として名高いからだ。今回のW杯では、Aマッチの通算10ゴールのうち、失敗は今回が初めてだ。…