マスコミ

アッコにおまかせ!がヒドすぎる!落合洋司弁護士激怒ツイート連発

アッコにおまかせ!に激怒ツイート連発した落合洋司弁護士

アッコにおまかせ!に激怒ツイート連発した落合洋司弁護士

PC遠隔操作事件において、片山被告が自ら犯人と名乗ったことで、事件に終止符が打たれたかと思った矢先、再び真犯人と称する人物から落合洋司弁護士にメールが送りつけられたり、ハードディスクを送られてきたり。

 まさに今、PC遠隔操作事件のキーマンとなりつつある落合弁護士が、今度はTBSのアッコにおまかせ!のスタッフとの問題で大きな脚光を浴びることとなった。

アッコにおまかせ!のスタッフの度重なる横暴な態度に、
落合洋司弁護士はまるで理性を失ったかのように、
激怒ツイートを連発したのです。

 

と立て続けにツイートしている。
よほど腹がたったのであろうw

で、一度、松田聖子に関するスイートが入るので、TBSへの怒りが一度おさまったかとおもいきや、
また再び怒涛のごとく、激怒ツイートが始まる。

ここで、やっと収まったのか、落合洋司先生がファンの松田聖子のツイートに戻る。
しかし、やっと落合洋司先生の怒りが収まったにもかかわらず、

TBSのスタッフが落合先生に電話を入れるために、再び、落合先生の怒りに火をつける。

で、ここで、落合先生のところに、PC遠隔操作の真犯人と名乗る人物からメールが来たために、
ツイートはその話題に移る。

で、落合洋司弁護士の怒りが静まったのであるが、一連の激怒ツイートが瞬く間に
ネットで話題になったことに気づいた落合洋司弁護士は、高感想を漏らす。

ツイートがネット上で大きな反響を生んでいることを気にかけはじめる。

そして、一連のツイートに関して、補足と称してブログに眺めの説明文を掲載している。

スタッフの非常識な振る舞いに和田アキ子から、この件に関して釈明はあるのだろうか

スタッフの非常識な振る舞いに対して和田アキ子から釈明はあるのだろうか

なぜそのような釈明めいたことをしたのかというと、ツイッターは落合洋司弁護士からの一方的、かつ短い発信であるために、第三者には背景事情がよく伝わっておらず、落合弁護士の口の悪さだけが際立っていた。

 このままでは、ただの口の悪い弁護士だ、と思われてしまいかねないと思ったのであろう。落合洋司弁護士は、そこまでヒドイ怒りを覚えた背景を、自身のブログ「弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」」で詳細に説明している。

詳しくはブログを読んでいただきたいが、ここではかいつまんで要約する。

  • 様々なテレビに対して出演、電話取材に安いギャラで応じることは珍しくない
  • 自分の営業にもつながる部分もあるが、あくまでもギャラよりも善意でと割り切っていた。
  • しかしアッコにおまかせ!は要求がきつくなる上、ギャラも払わなくなった
  • 終いには、PC遠隔操作事件で重要な位置づけにいる落合弁護士に対して、その他大勢のひとりとしてアンケート回答を求めてきたのでブチ切れた。
  • 「ギャラを払わなくても文句を言わない、便利な弁護士」という印象なので、今後は取材を受けないとアッコにおまかせ!に通告した

とのことだ。

落合弁護士の一連のツイートだけを見ると、落合弁護士の口の悪さも手伝って、
落合弁護士の印象はあまり良くうつらないものの、
こうしてTBSのアッコにおまかせ!の落合弁護士に対する扱いを説明されると、
落合洋司弁護士の怒りも実に、納得できる。

はたして、これに対して、アッコにおまかせ!からの釈明はあるのだろうか。
それとも、「ギャラを払わなくても文句を言わない、便利な弁護士」である落合弁護士が使えなくなったから、ただだまって切り捨てて、新しい、使い勝手のいい弁護士を見つけるだけなのだろうか。

この一連の騒動の締めくくりとして、落合弁護士は次のようにツイートしている。

Related Articles

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close