やらせ?ノブコブ吉村の生き別れ母親はウソ?これが証拠画像芸能

やらせ?ノブコブ吉村の生き別れ母親はウソ?これが証拠画像

ノブシコブシ吉村

ノブシコブシ吉村は気の毒?うそつき?

19日21時に二時間スペシャルで放送予定の日本テレビ番組「解決!ナイナイアンサー 2時間スペシャル」において、お笑い芸人、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さん(33)さんが小さいころ生き別れになった母親の足跡を辿るという放送内容だが、その放送内容を知った視聴者が吉村さんの過去のブログで、母親が登場していると指摘、やらせじゃないか!と大騒ぎになっている。

■感動仕立てのバラエティー番組

番組は、芸能人の悩みを解決するという、人生相談バラエティで、今回の二時間スペシャルでは、「心のしこり旅」と題した感動仕立ての放送内容だ。

そこで取上げられたのが、幼少期に両親の離婚を機に母親と生き別れになった吉村が、番組内で父親に引き取られたこと、祖母に育てられたことなどを語りつつ、生き別れになった母親の当時を知る人たちの話を頼りに、消息不明になっている母親の足跡を辿るという、壮大な感動ストーリーだ。

これだけ聞けば、誰もが母親と生き別れになった吉村の不幸な幼少体験に同情をよせてしまうが、しかし実は吉村は母親と生き別れになっていなかった説が浮上しているのだ。

■生別れのはずの母親とは再会済みだった

この番組内容の発表をみた視聴者が、ノブコブ吉村の2006年9月11日のブログに母親が登場していると指摘し、大騒ぎになっている。

ノブコブ母親ブログ登場

生き別れだったはずの母親がブログにちゃっかり登場

ノブコブが北海道の帰省中に会ったという母親を写真つきでブログで紹介している。
そこには、「十何年ぶりに会う」と書いてあるので、確かに幼少期に生き別れになって、長い間あっていなかったことは事実のようである。
久しぶりの再開にもかかわらず、母親がノブコブ吉村に目を合わせない様子が書かれていることからも、このブログを読んだ読者は同情をよせてしまうであろう。

このブログ自体は、今から7年前の記事であり、テレビの製作側はもちろん、ノブコブ本人自体も、この記事のことは忘れていたものと思われる。

あくまでも番組の演出は、生き別れという設定なので、番組制作側にとっては、痛恨のミスである。

■やらせか?演出か?

これはバラエティー番組であり、ある程度の演出はやむをえないというものの、番組では、ノブコブの吉村が幼少のころに母親と生き別れになって、祖母に育てられたという設定の感動ストーリー。

「母親なら子供のそばにいるのは義務じゃないかと思っていました。何でこんなに遠くで離れて暮らさないといけないのか。愛されている自信がありませんでした。母親の話を聞いてみたいですね。会ってみたいです、母親に……」

と、生き別れ、その後消息不明になったかのような言い方なので、不幸な幼少体験に、視聴者は深く同情をするような演出となっている。しかし、実はノブコブは母親が会っていたという事が分かってしまえば、視聴者にとっては感動がしらけてしまうのは必至。

あくまでもバラエティーという番組の性格上、こうした過剰な演出は仕方があって当然であるし、これによって誰に被害が出ているわけでもない。

しかし、演出やストーリーがうまいために、実はノブコブのブログに母親が登場していたとなれば、「だまされた!」と視聴者は思ってしまうのは当然である。ましてや、つい最近も、ホコxタテのやらせ騒動で、バラエティ番組の演出に対して、視聴者の目が厳しくなっているご時勢。

ネットでは早くもうそつき!と大騒ぎに。

果たして、放映後、どのようになることか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to Top