スポーツ

テコンドーは弱かった?中国武術と集団大乱闘でノックアウト

中国のショッピングモールで大乱闘

中国・江蘇省にあるショッピングモールで大乱闘が起き、その様子が現場に居合わせた人によって撮影された。
動画を見ると、白い集団と黒い集団がいる。白い集団はテコンドー教室の関係者で、黒い集団は中国武術の集団だという。
 なにやら口論しているうちに、両者入り乱れて乱闘が始まるも、最期にはものの見事に、白い集団は集団で床に倒れている。
 黒い集団に見事なまでに叩きのめされたのであろう。

乱闘の原因はビラ配り

乱闘の原因は中国武術の集団のビラ配りだという。

このショッピングモールには中国武術教室と、テコンドー教室があり、中国武術の集団が、テコンドー教室の前で生徒を集めるためのビラ配りを始めたという。

そこで、テコンドー教室の関係者が中国武術の集団にビラ配りを止めるように言ったものの、一向にやめる気配がないため、ついに乱闘になってしまったという。

テコンドーが負けた原因

テコンドーが負けた原因について、テコンドーの関係者は次のように答えている。

「やり返さなかっただけだ」

しかし、動画を見る限り、テコンドーの方が先に手を出している場面もあるし、また、なぐられて蹴り返している部分も見られる。

まとめ

昔からどの武術が強いかを争う、異種格闘技戦というのは盛んでした。

たいていその場合は、一対一の対戦なので、たとえ負けたとしても、その個人が弱かっただけだということになるのですが、今回のように、集団で叩きのめされてしまうという状況は非常に珍しい状況です。

テコンドーは華麗な足技が特徴の、非常に見栄えのする武道で、オリンピック種目にもなり、世界的に有名です。

関係者はやり返さなかっただけだと言っていますが、撮影された動画を見る限り、あまり説得力ありません。

こうした動画がテコンドーのイメージを下げなければいいのですが。

テコンドーは弱かった?中国武術と集団大乱闘でノックアウト国内

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button