そのスマホのバッテリー節約術ちょっと待て!本当に役立つ使い方はこれだ

日本列島で台風や大雨、大地震などの災害が立て続けに怒るなか、いまやなくてはならない生活必需品のトップに君臨するスマホのバッテリー節約術に注目が集まっています。

しかしながら、間違った節約方法や、実際の使用状況のことを考えていない、めちゃくちゃな節約方法を唱える人もいます。

実用的な面を重視した、正しい節約方法を紹介します。

そのスマホのバッテリー節約術ちょっと待て!本当に役立つ使い方はこれだ国内

液晶を暗くしたら見えないよ?

スマホにおいて、もっともバッテリーを消費するのは液晶のバックライトです。液晶画面の照度、明るさを真っ先に一番暗い状態にしましょう。

これはたしかに間違いありません。しかしながら、昼間だと、液晶を暗くするとほとんど画面が見えなくて困るかもしれません。

そういう時は、家の中の暗い場所に移動すると、暗い液晶でも確認しやすくなります。

液晶画面は一番暗くして、見るときは暗い所に行って画面を確認する、これが賢いバッテリー節約術です。

そのスマホのバッテリー節約術ちょっと待て!本当に役立つ使い方はこれだ国内 2

機内モードは無意味なバッテリー節約方法

スマホは電話機でもあります。しかし、機内モードにすると、電話機能が使えなくなってしまいます。つまり、電話がかけることができないのはもちろん、受けることもできません。

現在日本において、もっとも広い地域にいきわたり、設備も整っていて、災害時の非常通信手段として一般の人に用いられているのは電話です。

あなたの親族や友人も、電話を利用することともいます。

よって、スマホの電話線だけは生かしておくべきでしょう。そしてそれ以外の通信、Bluetoothはもちろん、Wi-Fi、データ通信(LTEなど)はオフにしましょう。こうした電話線以外の通信は、オンにしておくと常に接続先を検索するために、バッテリーの消費が大きくなります。

また、スマホのアプリは、Wi-Fiやデータ通信と連動していることが多く、自分が使用していないつもりでも、バックグラウンドで通信をして、知らない間にバッテリーを大量に消費していることがあります。

メールチェック、ラインやフェイスブックなどの確認は、一日に一度など、回数を制限して、一気に確認しましょう。そうすることで、バッテリーの消費をかなり抑えることができます。

 

 

そのスマホのバッテリー節約術ちょっと待て!本当に役立つ使い方はこれだ国内 4

電源を切らずスリープモードやロックを活用する!

スマホは使うときだけ電源を入れて、使わないときは電源を切っておくのが、一番のバッテリー節約だ!と思っている方も多いでしょう。

半分正解ですが、半分間違いです。

もし電源をオフにして、長時間オフのままにしておくのであれば、非常に節約になります。

しかしながら、もし短時間に電源をオンオフするのであれば、かえって電源をずっとオンにしておいた方が、バッテリーを消費しないという逆転現象が起きます。

というのも、スマホでもっともバッテリーを消費するタイミングは、電源をオンにするときです。

また、もし電源をオフにしておくと、電話がかかってきても、受けることができない状態になってしまいます。

ただし、電話も受ける必要がない、メールやSNSの確認も一日に一度で十分だ、というのであれば、スリープモードやロックよりも、電源をオフにしてしまう方が、バッテリー消費はおさえることができます。

そのスマホのバッテリー節約術ちょっと待て!本当に役立つ使い方はこれだ国内 1

万が一バッテリーが切れたら人肌で温めてみる

もしバッテリーが切れてしまったとき、温めることで少しだけ復活することがあります。

ただし、人肌以上の温度、たとえば火であたためたりすると、破裂したり、爆発することもあります。人肌であれば、爆発することはありませんので、もしバッテリーが切れて、困っているのでしたら、温めてみるのを試してみるのも一つの手です。

まとめ

災害時はもちろんですが、これらの節約方法は、普段でも十分活用できる方法です。ぜひ覚えておいて、バッテリーが少なくなって、周りに充電できる環境がなくて困っているときは、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む