芸能

仮面ライダー剣の椿隆之が同情されない理由が判明!

※当初、この口論は椿さんと加害者側の1:2のケンカと言っていましたが、先に椿さんが知人を呼ぼうとしたために、加害者も弟を呼んだとのことでした。訂正し、お詫びいたします。

インターネットで渦巻く椿隆之も悪いだろ!の声

路上での交通トラブルで相手からゴルフクラブで殴られたことで、顔面粉砕骨折で全治半年という重傷を負った椿隆之さん。事件後はの相手は懲役三年執行猶予五年という判決が下った後は、開き直った態度だというので、怒りの収まらない椿隆之さん。どう考えても椿隆之さんに非はなさそうですが、しかし、一部では椿隆之さんには同情できないという声も聞かれます。

もしかしたら、椿隆之さんがイケメンだから、引きこもり自宅警備員たちの嫉妬を買ってしまっているのか?

問題を分析すると、そんな単純なことではなく、椿隆之さんに起因するもっと深刻な問題があったのです。

仮面ライダー剣の椿隆之が同情されない理由が判明!国内 1

そもそも椿隆之はなぜ殴られたのか?

事件の発端は、椿隆之さんが歩行中に、T字路でオートバイとぶつかりそうになり、バイクの運転手がコワモテで運転手から悪態をついたことに椿さんも悪態で返し口論になった

バイクに乗っていた相手がどっちか悪いか

ハッキリさせるために警察を呼ぼうとしたにもかかわらず、

椿さんのほうが「冷静な第三者の意見が必要だ」とかいって、

自分の知り合いを呼びにいった

そこでライダーはその場で弟に電話。口論に加わった弟が、一旦その場から消えて、戻ってきたと思ったら、手にはゴルフクラブを持っていたという。そしていきなり椿隆之さんをフルスイング。

つまり、このトラブルは二対一のケンカに発展したわけです。二人の方は加害者、そして一人の方は椿隆之さん。

ここでも、相手には全く同情の余地もないように感じます。

殴られた衝撃で記憶喪失になり、椿隆之さんは殴られたときの記憶はないといいます。

仮面ライダー剣の椿隆之が同情されない理由が判明!国内

トラブルの原因も椿隆之さんに非はない?

椿隆之さんはオートバイとT字路でぶつかりそうになったといいます。オートバイに乗っているのは加害者側で、椿隆之さんは被害者側。

そもそも、道路交通法においては、バイクと歩行者のトラブルにおいては、どんな理由であろうと、バイク側が悪くなります。

ということは、このトラブルのいきさつがどうであれ、ぶつかりそうになったライダーに抗議をした椿隆之さんには全くの非がないと言えます。

加害者の刑が軽すぎる!

それにしても、ゴルフクラブで頭部を狙い撃ちしたら、単なる障害ではなく殺人未遂が適応されるのではないかと思われます。

顔なんて神経が沢山あって、顔面粉砕骨折では、神経もダメージをうけ、後遺症も残るとも考えられません。失明の可能性も戦ったでしょうし、そもそも、死んでしまうことだって十分に考えられます。

仮面ライダー剣の椿隆之が顔面粉砕骨折加害者に激怒の理由に納得国内

しかしそれどころか、逆に、実刑を免れて、執行猶予までついているという甘い判決。

どう考えても執行猶予がつかない案件です。となれば、椿隆之さんの方にも大変な落ち度があったとも考えられます。

実際に相手は正当防衛を主張していることからも、相手がゴルフクラブを持ち出すほどの非を椿隆之さんが作ってしまったのかもしれません。

とはいえ、正当防衛だとしても相手は二名、しかも凶器を使い、これほどの重傷を負わせて執行猶予とは、 判決は軽すぎるように思います。

椿隆之さんのおかしな言動

椿隆之さんは、今回の事件の理不尽さ、加害者への怒りを伝えるべく、積極的にメディアに出て、今回の件を話しています。

とある番組では、次のように発言していました。

民事裁判起こすのは簡単で勝訴も確実なんですけど、相手が出廷しなかったりの態度を見せた場合、費用ばかりがかさんで、裁判を続けられない可能性がある。泣き寝入りするしかない可能性もあるんです

これは少しおかしいのではと思います。というのも、むしろ相手が裁判に欠席した方が、判決も早くなり、速やかに差し押さえ処分に移れるのではないでしょうか?

相手が出廷拒否で裁判費用がかさむという発言の真意が知りたいところです。

しかしそうしたこと以上に、決定的に椿隆之さんに多くの人が同情をしない原因があったのです。

原因は仮面ライダーという経歴だった!

さて、ここまで酷いけがを負わされて相手も開き直っているというのに、なぜ多くの人が同情しないのでしょうか。

イケメンで彼に嫉妬しているためでしょうか?もしかしたらそれもあるかもしれませんが、もっと大きな原因は、彼が仮面ライダー役だったことなのです。

 

今回、椿隆之さんは、バイクに乗ったライダーと交通トラブルになりました。そしてこのトラブルを説明する際に、加害者側を、オートバイに乗車していた人=ライダーというわけで、ライダーと称して、事件を説明するところが多いのですが、椿隆之さんといえば、有名なのが、仮面ライダー剣役の経歴。よって、椿隆之さんのことを仮面ライダーと称する人も多いため、加害者側の説明をしているときに使用されるライダーという言葉を、おおくの人は、被害者側の椿さんのことだと勘違いしてしまう人が多く、そのため、加害者の言動を、被害者の椿隆之さんの言動だと思い込んでしまい、加害者の悪い印象も、椿隆之さんのものと勘違いしてしまい、それが誤解に発展しているようなのです。

仮面ライダー剣の椿隆之が同情されない理由が判明!国内 2

まとめ

今回、椿隆之さんが同情をされないのは、加害者が暴力をふるう原因を作ってしまったかもしれませんが、それと同時に、加害者を説明する際の、ライダーという言葉によって、全ての悪い印象を椿隆之さんが負ってしまっているということもあるようなのです。

たとえ椿隆之さんが裁判で勝訴し、賠償金を100%とることができたとしても、きれいな顔と失った時間は戻ってきません。

どんなに腹の立つことがあっても、トラブルは極力避けるべきなのかもしれません。

Related Articles

One Comment

  1. いや、勘違いじゃなくて、本人がテレビで言ってたんだよ。自分が知人を呼んだって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close