レブロンのすごさとは?マイケルジョーダンを超えたといわれるNBAの生きた伝説

マイケルジョーダンを超えるかと言われているレブロン

■マイケル・ジョーダンの再来と呼び声の高いレブロン

本名レブロン・ジェームズLeBron James
現在はNBAのマイアミ・ヒートに所属する。バスケットボール選手で、相性はキング。背番号は六番。

■今、まさに旬のレブロン。伝説とともに歩む幸せ

勝つために感情をむき出し、貪欲にプレーする、今のレブロンは、まさに旬。見たもの全てが後世に伝説となって語り継がれるシーンとなるでしょう。
とくに、プレーオフの締めくくりであり、シーズン最後のイベントでもあるNBAファイナルは、見逃せません。

マイケルジョーダンを超えるかと言われているレブロン

■レブロンをとりまく状況

高校時代からレブロンは注目されていて、レブロンが参加するということで、高校の試合が全米放送されるほどでした。
満を持してNBAに入りましたが、その大きな期待をはねのけるほどの活躍を見せ、年を追うごとに成長を見せています。

■レブロンのすごさ

●格闘技のようなプレー

スキルでみれば、うまい選手はほかにもいるけども、動きに力強さがあります。誤解を恐れずにいうならば、スキルに頼る選手は、シュートに持ち込む際、技を駆使して、シュートにつなげますが、レブロンの場合、技よりも力でシュートに強引に持ち込むといった感じでしょうか。

●パフォーマンスについて

試合中にダンスを踊ったり歌を歌ったりする。これは日本では賛否両論ありますが、アメリカでは好意的に受け止められています。レブロンは以前、インタビューの中で、試合前のダンスについてこう語っています。「バスケットボールができることの喜びを忘れないために、試合前は子どものようにはしゃぐことにしている」

●レブロン一人だけでチームをリーグの首位に。

レブロンのシュート成功率も挙げるときりがありませんが、さらに今期のオールスターに至っては、彼一人でチームをリーグ首位に引き上げたといっても過言ではありません。レブロンが所属していたのはキャブスですが、そこにはオールスター選手に選ばれたのはレブロン一人だけでした。一方、イースト3位だったセルツには、三人もいたのです。

まだ25才のレブロン、これからどんな伝説を作っていくのでしょう。

レブロンのダンクシュートだけをあつめた動画で伝説を堪能してください。

NBAは人気があるとはいえ、日本ではまだ本国アメリカほどではありません。しかし、レブロンが活躍している、今、NBAをみる、絶好の機会です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

記事は気に入っていただけましたか?

あなたがご利用のSNSをクリックして、この記事に対する評価、感想、「いいね」「シェア」をお願いします
何もせず続きを読む