田代まさしが死んだ?死亡説の真相と今後について

■田代まさしさんは死んだ? 非常に不謹慎ではありますが、田代まさしさんの死亡説は、ある周期で突如噂が広まります。しかし、その死亡説のどれも根拠のないものでした。その証拠に、田代まさしさんは、まだご存命されています。 どうしてこのような噂がたびたび、まことしやかに流れるのかについて、考察していきます。 ■田代まさしさんは死なない?…

北村一輝の結婚相手と離婚理由

北村一輝が離婚をしていた 今でこそ北村一輝さん 売れっ子ですが、壮絶な過去を持つ、個性派イケメン俳優の北村一輝さん。 実は、2012年に離婚しバツイチになりました。 この元妻は、19年間も連れ添ってきた仲で、いうなれば、北村一輝さんを長年支えてきたわけで、子供までいるのに、なんで別れることになったのでしょう。 北村一輝が歩んできた道…

モデルボクサー高野人母美の生立ちから恋愛、ボクシング生活まで丸裸

■高野人母美さんのプロフィール まずなによりも目を引くのが、名前です。非常に珍しい名前で、初見で読める人はいないのではないでしょうか。 読み方は、たかの ともみ です。 この変わった名前の由来ですが、ご両親が、「人よりも母よりも美しく育って」という思いをこめられたそうです。 ここまで美しくなれば、もう、ご両親の思いは十分叶ったのではないでしょうか。(笑)…

次男で日本テレビ社員御法川雄斗再逮捕でみのもんた引退危機再発

2013年9月11日に逮捕されたみのもんたさんの次男で日本テレビ社員御法川雄斗容疑者(31)=東京都港区、が、10月1日に再逮捕されることとなった。 警視庁は30日までに、酒に酔って寝ていた男性会社員のバッグを盗んだとして窃盗の疑いで、タレントみのもんたさんの次男で日本テレビ社員御法川雄斗容疑者(31)=東京都港区、窃盗未遂容疑で逮捕=の逮捕状を取った。10月1日にも再逮捕する。…

みのもんた次男、御法川雄斗が逮捕。みのもんた二度目の夏休中に【画像】

他人のキャッシュカードで現金を引き出そうとしたとして、警視庁は11日、日本テレビ社員御法川(みのりかわ)雄斗容疑者(31)(東京都港区高輪)を 窃盗未遂容疑で逮捕 同時多発テロの日である9月11日、日本のテレビ界に衝撃が走った。 みのもんたの次男が逮捕されたというのだ。 じつはみのもんた氏は、今年二度目の夏休みをとるということが不自然だということで、いろいろな憶測が流れていた。…

藤圭子さん離婚・奇行の後に自殺、原因はギャンブル癖による家族不和?

■自殺の状況 宇多田ヒカルの実母で前川清の前夫人である藤圭子(本名・阿部純子)(62)さんが、8月22日の午前7時ごろ、東京都新宿区西新宿のマンション前で血を流して倒れているのが、通行人によって発見されました。 病院に搬送されたものの、頭を強く打っており、まもなく死亡しました。…

東スポの薬中疑惑の人気ロックシンガーが判明

東スポが思わせぶりに報じた薬物中毒のロックシンガーとははたしてだれか?それが判明した! 信用できるのは日付だけだとか、裁判で「東スポの言うことを信じる人はいない」などと東スポ自ら人を食ったような証言したりするふざけた東スポが、めずらしく慎重な面持ちでトップ記事で報じた薬物中毒疑惑。しかしその人物の名前は伏せて報じたために、様々な情報が乱れ飛んだ。 東スポでは、その大物シンガーの薬物中毒疑惑である渦中の人物の特徴として…

安藤美姫涙の激白!妊娠の相手はモロゾフでなく南里康晴

 誰が予想していただろうか。一時、日本中を席巻していたアイドルプロスケーターが、放送でまさかの妊娠告白。しかもその相手を明かさないという、なぞを残した形になりました。 この近年まれにみるスキャンダル激白となる一か月前には、かつて噂されていたロシア人スケートコーチのモロゾフと破局し、「死にたい」などと病んだツイートをしていたと思いきや、週刊誌にプロスケーターの南里康晴さんと母親とともに同棲生活をしていたことをすっぱ抜かれたばかりだった。…

富士山のトイレ使用方法と環境を守るために知っておきたいこと

以前は富士山のトイレは大きな課題であり、利用者にも何らかの負担を強いるものであったが、現在は利用者はあまりトイレのことを気にしなくても大丈夫なほど、トイレの数も整備されている。とはいえ、水や電気が不自由な高地という事情もあり、次の注意点がある。 ■料金 山小屋のトイレ ・一回200円 ■使用方法 ●異物(ティッシュペーパーも含む)は流さないこと 富士山のトイレで一番の問題は、水不足です。水を使わないで汚物を処理するために、様々な工夫がなされています。…

鳩山由紀夫の尖閣問題発言の原文を見ると、まさに「開いた口がふさがらない」

■実際のところ鳩山由紀夫は何て言ったの? 「尖閣は日本が盗んだ、と思われても仕方がない」という旨の発言をしたということで、中国国内に報道され、大きな波紋を呼んでいる鳩山由紀夫。 しかし、当の本人は「『日本が盗んだと言われても仕方がない』とは言っていない」という。 では実際に、何と言ったのであろうか。以下は香港フェニックステレビの24日のインタビューで発言の原文部分である。…