Browsing Category

政治

原田泳幸がマクドナルドから追い出した幹部が大出世していた

追い出したはずの元幹部に戻るよう声をかけているマクドナルド? 日本においてマクドナルドの繁栄と栄光を気づきあげたと言われているのが藤田田さんでした。藤田田さんは、アメリカのマクドナルド本部のやり方に逆らって、アメリカの本部が想定していた以上の結果を出したと言われています。 その時に書かれた藤田田さんの本は、経営者のバイブルと呼ばれ、ベストセラーになったにもかかわらず、再販しなかったために、今では7000円をも超える高額な金額で取引されているほどです。…

【自覚不足】山本太郎のテロ非難採決退席が味方からも非難を浴びる理由

元タレントで、現在「生活の党と山本太郎となかまたち」代表の山本太郎参院議員が6日に参院本会議で行われたイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」のテロ行為を非難する決議の採択を欠席しました。 採決が行われるその本会議には出席したものの、採決が行われる直前になると、あきらかにその採決に参加しないという意思表示のためか、採決の直前で退席しました。…

池内沙織非難殺到で大慌て?共産党の幼稚さ露呈したお粗末な顛末

異常すぎる池内さおり議員の発言 先の総選挙では、民主党の没落のために、ライバル不在と言われていた自民党が、大方の予想通り圧勝したものの、その影で密かに議席数を伸ばし、話題になったのが共産党でした。 その中で当選したのが、この池内さおり議員。 赤旗国民運動部のツイッターによると、池内さおり議員の第一声は「待ってろ安倍!」だったといいます。…

孔子学院の危険な事実!朝日はなぜか擁護?在日中国スパイ養成機関と言われる理由

各国で次々スパイ機関と認定される?孔子学院 先日9月29日にアメリカのシカゴ大学が、孔子学院との契約を更新しませんでした。言い換えれば、契約の打ち切りであり、シカゴ大学が孔子学院を大学から締め出したわけです。 その理由は、米国大学教授協会(AAUP)が中郷政府の意向を強く反映している運営体制が、大学に於ける学問の自由を脅かすということで、全米各地の大学に、契約の契約継続を検討するように要請していたのを反映した形です。…

朝日新聞非常事態?週刊新潮中吊りを検閲したら真っ黒に!まさしく●●海苔状態!

赤髪ならぬ黒紙か?海苔は海苔でも●●海苔状態?? まずは下の画像を見ていただきたい。 これは、週刊新潮の9月11日号の中吊り広告だ、 もちろん実際は黒塗りはされていないものの、もし朝日新聞に批判的なタイトルを黒塗するとこのようになるわけです。 この中吊り広告は、幸い朝日新聞の管轄外に掲示されるために、実際は黒塗されることはないでしょう。 しかし、これをそのまま、朝日新聞に広告出稿すれば、上記のような真っ黒くろの海苔状態になってしまうのです。…

【魚拓】また朝日?安江塁のチクリツイートでネトウヨのリアル処刑に加担

また朝日?安江塁のチクリツイート魚拓だ また朝日?安江塁のチクリツイートでネトウヨが本当に処刑された 内戦の続くシリアで、今度は日本人が処刑されてしまいました。その日本人が処刑される前に、イスラムの過激派は、身元がわからない日本人に関して、ツイッターを通して情報提供を求めた所、安江塁氏が湯川遥菜の個人情報をツイッターを通して提供した。…

ワタミこと渡邉美樹が最低賃金批判に堂々反論も説得力なしの理由

最低賃金での募集ではと詰問される 4日の参院予算委員会において、共産党議員であり参院予算委員会の副委員長でもある小池晃氏が、最低賃金で募集・雇用しているワタミの実態を暴露し、大企業のこうした雇用実態を放置していいものかと、安倍晋三に迫った。 コレに対して安倍晋三は「待遇あるいは職場環境の改善に努力を傾注していかなければならない」と、半ば小池氏の主張を認めた形の答弁を行った。…

天皇愛用バッグと竹田恒泰の猛攻で華原朋美交際スタート、

見事復活を果たした華原朋美にあらたな交際相手が発覚した。その交際相手はなんと、慶応大学講師であり、明治天皇の玄孫でもある竹田恒泰だ。 昭和天皇の愛用バッグで交際スタート 二人が出会ったのは、今年7月に放映された読売テレビの番組「ダウンタウンDX」の収録現場だ。そこで声をかけられ、その場で話が弾んだこともあり、後日、華原朋美は竹田恒泰からデートに誘われる。…

山本太郎が天皇陛下に渡した手紙の画像と内容の全容

31日午後2時半ごろ、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれていた秋の園遊会に出席した参院議員の山本太郎氏が、 天皇陛下に直接、手紙のようなものを手渡した。陛下は受け取ったが、すぐにそばにいた侍従長に預けた。 山本太郎は、天皇陛下に手紙を手渡す際に、手紙の要約を伝え、手紙を読むように促したというが、天皇陛下が手紙を読んだかどうかは今のところ不明だ。…