Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

セブン-イレブンがイオンの原産国隠しを指摘

5月初旬、セブン-イレブンの店内で撮影されたと思われるポップの画像がツイッターを通して拡散された。その画像をめぐり、イオンがセブン-イレブンに対して激怒、セブン-イレブンが慌てて謝罪することとなりました。

その問題画像。

ここには次の通り書かれている。

「イ○ンのT○PVALUは原産国、生産者(国)がどういう訳かラベルに表示してありません。それに対してセブンプレミアムは生産者が明記してあります。しかもほとんどの商品が大手メーカー製です。安心してお買い求め下さい。」

トップバリューが原産国隠しを指摘されて大慌て!? 1

一部伏せ字にしてあるものの、イオンのTOPVALUEのことを指していることは、容易に理解できる。

つまりイオンのトップバリューの商品には原産国、生産者(国)表示がなされていないから不安ではないかというのだ。

これに対して、イオンは激怒。書面にて、セブン-イレブンに抗議を申し入れると、セブン-イレブン側は、その事実を確認し、すぐさま謝罪したのです。

これはセブン-イレブンとしてではなく、セブン-イレブンのフランチャイズ店オーナーが独自でやったことで、すぐさま本部が撤去を要請し、また再発することの内容、指導を強化したという。

過剰反応する大人げないイオン?

謝罪を受け取ったものの、イオンの怒りは収まらず、消費者の誤解をとくためということで、改めてイオンの商品表示に関しての考え方を改めて書面で次のように消費者に向けて説明しました。

それによると、今回一番問題となっている、生産国、生産者表示に関しては、「商品がどこで最終加工されたかが一目で分かるよう、新規製造の商品から順次、製造所所在地の都道府県名を商品パッケージ裏面に記載しています。」とのことだ。

イオンのトップバリューの商品も、原産国表示をしているのか、と思われるかもしれないが、「商品がどこで最終加工されたか」という部分がミソで、食品加工が他国で行われたとしても、パック詰めが日本で行われたら、「日本産」として表示するという意味だ。

イオンをかばうわけではないが、これは何もイオンだけではなく、大手メーカーも同じようなことをやっている。例えば明治の牛乳だって、東京で購入すると、販売元は東京となっているが、実際使用している牛乳は、他県のものだ。そしてその牛乳に使用されている牛乳の原産地を知ることは、できない。

しかし、なぜ、イオンばかりがやり玉に挙がるのか?

illust_01

虚しく響くイオンのカラ正義

今回、原産国隠しについて、イオン側から出された説明の中で、イオンは次のように述べている。

���������

「トップバリュは「お客さまの声を商品に」というコンセプトのもとに生まれたイオンの
ブランドであり、イオンが商品の開発から販売、お客さまからのご意見承りに至るまで全責任を持って販売しています。トップバリュ商品のパッケージ裏面にあるラベルには、「販売者:イオン株式会社」と「トップバリュお客さまサービス係の電話番号」が記載されており、これこそがイオンが100%責任を持つという決意の証です。
機能や味、デザインだけでなく、原材料の調達から工程まで、すべて独自に作成した仕様書に基づき、世界中から最適と判断した工場に製造を委託しています。また、製品の品質や製造工場の管理体制について、グループの品質管理を担う株式会社生活品質科学研究所が検査し、「安全・安心」を確認しています。」

これを読めば、誰もが、「じゃあ、何かあったら、イオンが全部責任取るってことだな?」

と普通に思うはずです。しかし、昨年の三瀧商事の偽装米事件では、確かにイオンは三瀧商事に騙されていた部分もあるのだが、しかし、イオンは上記にもある通り、「商品開発から販売まで」「全責任をもって」と宣言しているのであるから、偽装を見抜けなかったイオンは、消費者に対して責任を持つべきなのです。

しかし、それどころか 偽装米の事実を暴いた、イオンに都合の悪いことを書いた週刊文春を、系列店から全て撤去させるという、暴挙にでるのです。

結局、全責任を持つと、商品の表示には自社の名前しか出さないのに、不都合が起こると、商品の表示に書かれてない会社の名前を出して、責任をなすりつけるのが、今までのイオンのやり方だったのです。

今回も、イオンは少々過剰反応しすぎたのではないでしょうか。逆にこうした過剰反応が、かえって騒動を大きくし、また、イオンのトップバリューのイメージを落としているようにしか思えません。

img_0

Total 21 Votes
3

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

28 コメント

コメントを残す