Home / スポーツ / 土俵に観客が乱入のハプニング!その正体は!

土俵に観客が乱入のハプニング!その正体は!

Sponsered link

突然、一般人が大相撲の土俵に乱入するハプニングがありました。人々を驚かせたその暴挙に出た理由も、呆れたものでした。

事件が起きたのは、大相撲の神奈川、藤沢巡業での出来事。幕内の力士、力士6人による相撲甚句を披露している最中に、突然、ジーパンでスキンヘッドのコワモテ?一般人が、土俵に登りました。

土俵乱入

呼出が慌てて止めに入りましたが、この一般人男性は制止を振りほどき、あろうことに、1万円札をそれぞれに力士に配り始めました。

一応、気を使っているつもりなのか、この一般人男性は、土俵に上がる際は靴を脱イデいたとのこと。

とはいえ、そんなことは、到底許されることではありませんので、呼出が二人がかりでこの一般人男性を土俵からおろし、配った1万円札も男性に返還したとのことでした。

それに対して、関係者は「お客さんとの距離が近いのが相撲の良さなので・・・(元大関琴風)」とのコメント。

相撲は競技であると同時に、神事でもあり、土俵はその神事を行う神聖な場所とされていて、過去にも、大阪府の太田房江知事が千秋楽の表彰式時に土俵に上がりたいといい、本来女人禁制である土俵に女性を入れるべきかで大きな問題となった。

今回は、男性はご祝儀を配りたいという思いだったかもしれないが、しかし、相撲甚句の最中に乱入という形で配るのは、明らかにマナー違反。

しかし、太っ腹の相撲協会は、大きく咎めることもなく、とりあえず、ことは収まった。

Sponsered link
Sponsered link

Check Also

清原和博が逮捕前に見せていた覚せい剤の影響と思われる奇行の歴史

Contents関連 Spon …

コメントを残す