Home / 芸能 / 【告発文完全版アリ】フジテレビ「ほこ×たて」で悪質やらせ発覚・動物虐待も

【告発文完全版アリ】フジテレビ「ほこ×たて」で悪質やらせ発覚・動物虐待も

Sponsered link

「ほこたて」フジTVやらせ発覚

番組のやらせ、捏造を出演者が堪えかねて告発

20日(日)にフジテレビ系列で放送された人気バラエティ番組 『ほこ×たて 2時間スペシャル!スナイパー軍団 VS ラジコン軍団』において、悪質なやらせに耐えかねた出演者が、インターネット上で詳細な告発をしました。
放送前に内容が改変される旨を伝えられた際に、広坂さんは製作者に対して事実と異なる内容にしないように警告していたにもかかわらず、制作側は無視して放送したために、今回の告発に踏み切ったとのこと。

■フジテレビの自慢であり高視聴率を誇っていた番組「ほこ×たて」

最近、視聴率の著しい低下で、社長が交代し、さらに長寿番組の笑っていいとも!も、来年三月で番組を終了すると発表したばかりのフジテレビで、唯一の人気番組である「ほこxたて」はその斬新な企画で、「人対人」、「企業対企業」の真剣勝負での対決だけに見る人の目を釘付けにし、各方面からも絶賛、高視聴率を誇っていました。

真剣勝負を売り物にしていたはずの、人気番組で、何が起きたのでしょう。

告発者の広坂正美さん

■実際に放送された内容

スナイパーとラジコンとの対決で、スナイパーの狙撃の腕とラジコンの操縦の腕を競うものでした。

それぞれの出演は
スナイパーは三名
ラジコンはボート、ヘリ、車の三種類

結果は、ラジコンのヘリと車はスナイパーに狙撃されたものの、最期にラジコンボートがスナイパーの狙撃を逃げ切り勝利するというドラマチックな展開でした。

■実際の撮影でのアクシデント

始めはスナイパーとラジコンボートの対決でしたが、なんと最初の対決でラジコンボートがスナイパーの狙撃を逃げ切ることができたために、そこで対決が終了してしまったのです。

しかし、せっかく準備、待機していたラジコンヘリ、ラジコンカーも見せたかったフジテレビの制作側は、対決の順番を入れ替える指示を出しました。
ヘリが負けて、車が負けて、最後にボートが勝つというドラマチックな展開にしたかったのです。

制作側の提案を受け容れたラジコンの広坂さんは、しぶしぶスナイパーと対決することになりました。

■今度はいきなり初めからやらせの指示

ラジコンカーとスナイパーの対決に際して、制作側より次のやらせ指示が出たといいます。

  1.  2分間一本勝負
  2.  最初の1分間は撃ってもよいが、決してラジコンに当ててはならないという内々の取り決め
  3.  実際の真剣勝負は残りの1分間で、1分間の中で3発のみ撃てる

最初の一分間は、ラジコンに弾を当てないという取り決めであったものの、残りの一分間で実際に真剣勝負をするということだったので、それであれば、広坂さんも演出として受け容れることができたのでしょう。

ところが、対決が始まり、本来であれば撃ってはならない場面で、スナイパーはラジコンカーに銃弾を打ち込みはじめるというルール違反を犯し、さらにその後も立て続けに連射でラジコンカーを破壊してしまったというのです。

Sponsered link

広坂さんがスナイパーは、ルールを破ったことに対して、すぐに謝罪に来たといいます。しかし、なぜ撃ったのかたずねると、次のように答えたそうです。「弾が当たってしまいました。すると後ろからKILL(殺せ!)と言う声が聞こえてきたので、つい連射してしまいました。ごめんなさい」

ちょっと普通では考えられない、言い訳です。

■番組演出のためにサルの首をラジコンで引っ張りまわす

さらに問題なのは、広坂さんが過去にも出演した同番組内でのやらせの告発です。

更に、2012年10月21日に放送された猿との対戦の際には、猿がラジコンカーを怖がって逃げてしまうので、釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしての撮影でした。

実際に、この番組の該当シーンを見てみると、動き回るラジコンの後ろを追い掛け回している猿が、なぜかいつも、不自然なほど等間隔なのです。
これは、広坂さんが言うように、ラジコンカーで猿の首を引っ張りまわしていたからでしょう。

 

いくら、視聴率のためとはいえ、出演者の意向を無視する演出、動物を虐待する演出をしていては、さらに視聴率が悪くなってしまうのではないでしょうか。

なお、インターネットで最終的に掲載された告発文は、削除修正されたもので、

前回放送分のやらせ暴露は削除されてしまっています。

前回放送分のやらせ暴露まで含まれた告発文全文 は、下記からご覧になることができます。

フジテレビ ほこxたての告発文完全版(PDF)はこちら

 

Sponsered link

Check Also

「TTポーズ」の画像検索結果

TTポーズはゴリ押し?韓国アイドルTWICEが発祥で女子高生の間で流行していることに疑問の声

Contents番組のやらせ、 …

コメントを残す