目次

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

■超人気番組で日曜日のお茶の間の定番だった

クイズ面白ゼミナールの司会者といえばこの人

クイズ面白ゼミナールの司会者といえばこの人

7月20日と8月17日の二夜限定で、あの往年の超人気クイズ番組「クイズ面白ゼミナール」が「クイズ面白ゼミナールR(リターンズ)」というタイトルで復活することになった。

「“知るは楽しみなり”と申しまして、知識をたくさん持つことは人生を楽しくしてくれるものでございます。私は当ゼミナールの主任教授でございます」

の名台詞とともに始まるこの番組は、その当時「笑点」「サザエさん」「クイズ面白ゼミナール」が日曜日の三点セットと呼ばれるほど、どこのお茶の間でも人気の番組で、クイズ番組史上歴代最高の視聴率42.2%を記録し、その記録はいまだ破られていない。

それほどの人気番組の復活なので、インターネット上では「懐かしい!」「再放送が楽しみ!」と、歓迎ムードですが、その一方で、「横柄」「傲慢」「威張ってた」などと、嫌な思い出を持っている人もたくさんいたようです。

 

■本当に嫌われているのか?

実際、出演者の中にも鈴木健二さんを良く思っていない方もいたようです。しかし、NHKで以前鈴木健二さんの特集が組まれたことがありました。その番組を見た人の感想の中に、「嫌われる理由がわかったけど、やっぱりこの人すげえわ、尊敬する。」というものがありました。
鈴木健二さんは非常に仕事熱心で、プロ意識の強い方で、番組内では、問題文と答えを全て暗記したうえで、何も見ないで司会をしていた、なんて武勇伝もあります。
そうした鈴木健二さんなので、このクイズ面白ゼミナールは、鈴木健二さんを教授、回答者を生徒に見立てたゼミナール形式の演出で行っていた関係で、鈴木健二氏が教授の雰囲気をだすために、命令口調で話しかけていました。そうすることで、番組を見ている視聴者は、あたかも大学の講義を聴いているかのような雰囲気になっていたのです。
学校でも、事業に熱心な先生ほど、生徒にうとまれることが多いので、鈴木健二さんも、疎まれた人がたくさんいたこと言うことは、鈴木健二さんの演出が成功していた、というこのなのでしょう。
こうした鈴木健二さんの、熱心な番組作りに対しての完璧主義者的な部分が、視聴者に「横柄」「傲慢」「威張ってた」という、負のイメージで伝わってしまったのでしょう。

もし本当に、鈴木健二さんが「横柄」「傲慢」「威張ってた」であれば、番組がこれほど人気が出なかったでしょう。

���������

そうした鈴木健二さんの哲学は、ベストセラーにもなった本、気くばりのすすめに書かれています。

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

コメントを残す