目次

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ライブドアの粉飾決算事件で懲役2年6カ月の実刑判決確定後、長野刑務所に服役していた旧ライブドアのホリエモンこと堀江貴文元社長(40)が、収監先の長野刑務所から本日、仮釈放された。

S6Y5D この事件の概要は、堀江貴文氏が、自社株の売却収入を売上高に含めて約53億円の粉飾をしたということによって、証券取引法(現行の金融商品取引法)違反の罪に問われた。当初は、ホリエモンは、テレビなどのマスコミで派手に活躍していたうえに、国策逮捕ではないかとの憶測まで出る大騒ぎ。また関係者が自殺を遂げるも、不自然だと、様々な憶測が飛び交った。

週間前には、モヒカン刈りにして記者会見をし、また収監中も、服役の様子を各種メディアで発表するなど、常に話題を振りまいていた。これからも、またさらに多くの話題を振りまくのではないかと思われる。すでに、ホリエモンは、早速ツイッターで仮釈放の報告をし、東京に向かう車中から、ニコニコ動画で実況中継を行なっている。

刑期が終われば、刑事上の罪を償ったことにはなるが、しかし粉飾決算によって多額の損失を出した多くの株主たちの民事訴訟はまだ終わってはいない。

今後も、ホリエモンから目が離せない。

���������
Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

コメントを残す