目次

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

善光寺の御開帳途中にドローンが落下

今年、2015年は、善光寺において7年に一度だけ執り行われる善光寺御開帳がある、大変記念すべき年である。この記念すべき行事は、秘仏である御本尊の御身代わり「前立本尊」を本堂にお迎えし、約2ヶ月にわたって行う壮麗な行事だ。

この一大行事のさなか、大事件が起きた。

なんと、ドローンと呼ばれる遠隔操作の無人ヘリコプターが、行列のどまんなかに落下したのだ。

七年に一度の大法要を一目見ようと、参拝客が多く詰めかけていた中、かなりの急降下で落下した。幸い、人がいないところに落ちたから良かったものの、一歩間違えば、けが人が出て、多いな問題に発展していたことは間違いない。

ドローン落下犯はニコ生出禁問題放送常習犯「ネット少年聖也@ノエル」

ニュースでは、犯人に関してわからないものの、ネットではすぐに特定されていた。

というのも、そのドローンに装着されていたカメラから生配信されていた放送が、アフリカTVという生放送配信サイトで、中継をされていたためだ。

そしてその配信主は、過去にもニコニコ動画などで、生配信をして数々の問題を起こしていた通称「ネット少年 聖也@ノエル」という少年だった。

この少年はニコ生では、視聴率稼ぎのために、度々過激な行動をするために、ニコ生での配信を拒否されるようになってしまい、ニコニコ動画にかわる生放送配信サイト、アフリカTVで配信をしていた。

今回は、七年に一度の善光寺御開帳の儀式の会場に入り生放送をする代わりに、ドローンを利用して空撮していたものの、ドローンのバッテリーが少なくなってきたために、一旦ドローンを回収しようとしていた。しかし突如ドローンの「ユーザー緊急停止アラート」が発動し、ドローンとの通信が途絶えてしまった。

落下したかもしれないと判明した時の、本人の慌てた様子も、と生中継で放送されていた。

「ガチでマズイ、落下した?ユーザー緊急停止アラートが出てきた、回収するために放送切ります」

善光寺ドローン落下犯人はニコ生問題配信の常習犯だった 2

その時間とほぼ一致して、ドローンが善光寺に落下。

落下の様子は、NHKのテレビ放送に録画されていた。

善光寺ドローン落下犯人はニコ生問題配信の常習犯だった 1

その後、ノエルは自ら犯行をツイッターで報告している。

ノエルの悪質な生放送にアンチが生まれる理由

ノエルは、自己紹介欄において自ら「配信業」をしていると宣言している。

���������

善光寺ドローン落下犯人はニコ生問題配信の常習犯だった 3

つまり、ノエルにとって、配信における「視聴率=収入」であり、収入に直結する視聴率をあげるために、時には過激なコトを度々行い、それが度を超えるために、ノエルのやっていることを、厳しく罰するべきだと主張する、いわゆるアンチと呼ばれる人々もたくさんいる。

今まで問題となった配信は以下のとおり。

  • 川崎中1殺害、加害者自宅配信し顔も映す。
  • 靖国・警視庁本部・外務省の生配信
    http://afreecatv.jp/33879426/v/79368
    http://afreecatv.jp/33879426/v/79402
  • 長野京都大阪姫路城ドローン使用で無許可配信
    http://afreecatv.jp/33879426/v/83542←削除済
  • 盗撮容疑で店員に捕まり警察に通報される
  • レストランの店員にハンバーグはミミズで作られているかを聞いてその反応を生放送

つい最近、官邸にドローンを落下させて、ドローンが大きな社会問題になった。警察がドローンを規制しようとするための自作自演ではないかという陰謀説まで飛び出し、大いに世論が割れた。

しかし、今回のこのドローン落下事件は、そうした社会問題とは程遠く、問題行動ばかり起こしている少年が営利目的で、神聖なる神事に泥を塗った形であり、こうした事件によって、今後、よりドローンの法規制が進んでいくものと思われる。 

ノエルのホームページ http://seiya.ikaduchi.com/

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

3 コメント

コメントを残す