目次

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

茨城新聞がうそを突き止める!

 

インターネットで一部話題になっていた、急性骨髄性白血病の元高校野球部女子マネジャーの感動物語が、実はデタラメであったことを認め、謝罪しました。

急性骨髄性白血病のために闘病生活を送る元高校野球部のマネージャーが、ひまわりを植える活動を行っているというものでしたが、実はこの女子マネージャーは実在しない人物であることを発表しました。

そもそも、実は茨城新聞もこの高校野球美談にのっかって、新聞で話を紹介していたのですが、それが24日に誤報だったことに関しての謝罪を掲載すると、各所から非難の声が上がりました。

確かに実在しない人物を報じてしまったことに関して、裏付けが足りなかったという点は歪めません。今、朝日新聞による慰安婦をめぐる誤報問題などもあり、一般世論は、新聞の誤報ということで、より厳しい目を向けているように見えますが、茨城新聞以上に、この運動を実質主導していたJBCA日本野球指導者協会にも、問題があるように思えてならないのです。

2014-10-24_100359

なぜ実在しない人の話を報道するに至ったか?

茨城新聞はこの高校野球美談を報道するにあたって、取材した先は二箇所。

白血病患者を装っていた女性と、JBCA日本野球指導者協会です。

この白血病患者を装っていた女性は、当然の事ながら、入院をしていたわけではないので、直接の取材には応じず、SNSやLINEなどを通じて、記者と接触していたといいます。

それはわかるとして、不可解なのが、この偽白血病患者をマネージャーとしていたJBCA日本野球指導者協会です。

JBCA日本野球指導者協会のホームページの謝罪文によると、彼女をマネージャーにしたきっかけは、彼女からSNSを通しての申し出だといいます。

そして茨城新聞が白血病はうそだったということを突き止めるまで、この女性に会いもせずに、「夢咲く花プロジェクト」を運営していたというのですから、ちょっと常識的に考えられないでしょう。

yu

いくらウソが巧みだったと言っても、闘病生活をしているとなれば、お見舞いに行こうとなるのではないでしょうか?そしてお見舞いを拒むとなれば、おかしいな?と思いそうなものです。

茨城新聞によると、この架空の人物は、テレビ電話を通じて、選手たちにゲキを飛ばしていたというのですが、これも、どこか不自然です。

闘病生活をしていたという設定なので、テレビ電話となれば、当然病室からの放送になるはずですが、この偽白血病患者は、ウソテレビ電話をするために、電話をするために病院にいったのでしょうか?

2014-10-24_123954

一部ではこのウソに薄々気づいていた

この白血病女子マネージャーが死んでしまったことは、彼女の姉とする人物がツイッターでツイートして報告していた。

そのツイートは、1000回を超えるリツイートになっていたものの、その状況の不自然さを指摘する人もちらほらいた。

というのも、じつはこの女性は、これ以前にも似たように、東海地方居住とし、重病を装い、ブログで闘病記を綴ってみんなの感心を集めていた有名人物だったのです。

一部の人は、そのやり口が似ているために、今回もウソではないかと指摘している人も居ました。

コメント1   「がん闘病ツイート」が死後に大反響 野球部女子マネジャーが野球への想いつづる   J-CASTニュース (2)

 

まったく無関係な人々さえ、その不自然さに気づくのですから、直接やり取りをしていたJBCAであれば、なおさらそのおかしさに気づくのではないでしょうか?

あるいは、もうすでに、これが架空の人物だということを知っていたのかもしれません。というのも、このマネージャーがなくなったと、ツイッターで報告がなされたにもかかわらず、JBCAからそのアナウンスを一切していなかったからです。

たとえSNS上でのやりとりだけであったとしても、今までマネージャーをしてもらっていて、しかもそのマネージャーを担ぎあげて、

「夢咲く花プロジェクト~ゆっこと球児の夢を乗せて~」

 2014-10-24_101634

と大体的にやっていたにもかかわらず、死んだことも報告しないし、お悔やみの言葉一つも出さないなんて、そんな非常識なことをするでしょうか?

 

JBCAが主催しただまされた人々

そのJBCA日本野球指導者協会のyoutubeアカウントには、闘病中マネージャーへの応援メッセージとして、子供から大人、元オリンピック選手やプロ野球選手まで、様々な人が応援動画を寄せています。

���������

JBCA日本野球指導者協会は、この女性にだまされたといえば、それまでですが、この女性のウソを利用していたのは事実です。悪用したといっても過言ではないかもしれません。その結果、多くの人がさらにだまされたのです。

応援を寄せた人々は以下のとおり。

 

  • ラミレス選手 > 0:16の動画メッセージ
  • 小学4年生 > 0:11の動画メッセージ
  • アーティストNOXAHのヒロヒデ > 1:31の歌を交えた動画メッセージ
  • アスリート応­援番組「アスラジ★」アシスタントでJBCA鹿島ドリームスキャプテンの江成選手 > 0:23の動画メッセージ
  • 茨城県の鹿島学園高校ソフトボール部主力4選手 > 0:50の動画メッセージ
  • 小学生 > 0:18の動画メッセージ
  • 鹿島学園高校生の水泳部 > 0:47の動画メッセージ
  • シンガーソングライターのしおりさん > 0:57の動画メッセージ
  • 茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美 > 0:12の動画メッセージ
  • 鹿島学園高校野球部 メンバーA > 0:19の動画メセージ
  • 鹿島学園高校野球部 メンバーB > 0:29の動画メセージ
  • 鹿島学園高校野球部 メンバーC > 0:39の動画メセージ
  • 鹿島学園高校野球部 メンバーD > 0:35の動画メセージ
  • 鹿島学園高校野球部 メンバーE > 0:45の動画メセージ
  • 鹿島学園高校野球部 メンバー多数 > 0:30の動画メセージ
  • 愛の葉ガールズ > 1:04の動画メッセージ
  • 元オリンピック日本代表の土佐礼子 > 0:21の動画メッセージ
  • 仙台育英の硬式野球部 > 6:05の動画メッセージ
  • 仙台育英の吹奏楽部 > 1:43の動画メッセージ
  • 日本ウエルネススポーツ専門学校軟式野球部 > 0:14の動画メッセージ
  • 日本ウエルネス高等学校硬式野球部 > 0:12の動画メッセージ
  • 日本ウエルネススポーツ専門学校硬式野球部 > 0:20の動画メッセージ
  • シンガーソングライターしおりさん > プレゼント&動画17:43
  • 東日本国際大昌平高校野球部 > 1:31の動画メッセージ
  • 東北楽天イーグルスの3選手 > 0:30の動画メッセージ

高校野球児に夢を与えるプロジェクトが、逆に夢を壊すことになってしまった、今回の騒動。

一番悪いのは、この白血病を装った女性に間違いないのですが、またその病気を利用して多くの人を巻き込んだ、JBCA日本野球指導者協会も、大いに反省すべきでしょう。

2014-10-24_095544

 

Related Post

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

コメントを残す