Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

金正恩が重症?両足首骨折で深刻な事態に

北朝鮮の最高指導者、金正恩が過去最大の危機に陥っています。

1年に一度(あるいは二度)しか開かれない、1年のうちで一番重要な、最高人民会議を、9月25日に欠席したのです。それまで一ヶ月以上、メディアに姿を表さなかったために、様々な憶測が流れていましたが、北朝鮮のメディアは沈黙を守り続けていました。。

しかし、さすがに金正恩の安否に関して、隠し通せることもできなくなったのか、朝鮮中央テレビは「「不自由な体なのに人民の指導の道を炎のように歩み続けるわが元帥」と報じつつも、金正恩が入院中であることを認めたのです。

消息筋の話によると、現在、金正恩は北朝鮮の特権階層向け病院「ポンファ診療所」で手術を受けて現在も入院中であるという。さらに韓国の情報機関は、欧州の医療陣が最近になって北朝鮮入りした事実も把握しています。

この金正恩が入院しているとされる病棟の周辺は、軍人が集中的に配置され、出入りする車両は厳重に制限され、北朝鮮の最高幹部クラスの人間が、日増しに多く出入りしているということからも、事態がただならぬことが伺えます。

その手術、入院の原因に関しては、正式なアナウンスはないものの、朝鮮日報によると、それはシークレットブーツ着用によって、両足首にヒビが入ったというのです。これに関して韓国の政府当局社は、金正恩の健康状態がかなり深刻な状態にあるとして次のようにコメントしました。

「若い金正恩氏が痛風のせいで最高人民会議にすら出席できなかったとは考え難い。しばらく動けないほど体の状態が悪化していた可能性が高い。足を引きずる状態よりさらに悪化し、松葉杖や車いすを使わなければ動けない状態になっていた可能性もある」

シークレットブーツ着用しただけでそこまでひどくなるのか?

事態の深刻さの原因が、シークレットブーツにあったということで、様々な所でニュースがとりあげられていたものの、そもそも、シークレットブーツを履いていただけで、骨折しまうものなのでしょうか?

金正恩のシークレットブーツ

それに関して、健康問題に詳しいジャーナリストは次のように言っています。「シークレットブーツの着用によって足首の骨にヒビが入るとは、普通ではちょっと考えられません。シークレットブーツよりも履き心地が悪く、危険なハイヒールでさえも、あまり聞かない症例です。それでも両足首にヒビが入ってしまったということは、普通では考えられないほどの負担が足首にかかっていたのでしょう。」

なぜ金正恩だけが、骨にヒビが入るほどの負担が足首にかかってしまったのでしょうか?

金正恩はもともと肥満体質であったものの、父である金正日から権力を継承して、さらに急激に体重が増加したと言われます。権力継承による、急激な体重増加に加えて、視察の機会が激増したことによって、体がそうした変化に順応できなかったのでしょう。

金正恩激太り

さらに、聯合ニュースは、金第1書記が「高尿酸血症、高脂血症、肥満、糖尿、高血圧などを伴う 痛風に苦しんでいる」とも報道しています。痛風や糖尿病は、重度のものになると手足を切断しなければならなくなることもありますし、壊疽してしまうこともあります。そこまでいかなかったとしても、メスを入れてしまうと、合併症の関係で、治りが悪いであろうことは、容易に想像がつきます。

急激な体重増加、視察による歩行機会の増大、シークレットブーツによる無理な歩行姿勢という悪条件が重なってしまった上に、糖尿、痛風の合併症により、事態はかなり深刻であると思われます。

今のところ、欧米の医師団による先進の処置を受けているということなので、快方に向かっているであろうものの、見えない所ではインスリン投与の必要が出てくるでしょうし、シークレットブーツの使用断念、減量などの目に見える形での何かしらの対策も必要になってくることでしょう。

韓国はシークレットブーツ先進国

そもそも、金正恩はなぜシークレットブーツを着用するようになったのでしょうか?

金正恩の身長は、正式に発表されていないものの、本当の身長は175cmと言われています。おとなりロシアの指導者、プーチンは170cmであることからも、金正恩の身長は決して低いわけではありませんから、それ以上、身長を高くみせる必要もないと思われるのですが、その金正恩がシークレットブーツ着用するに至ったのは、おとなり韓国がシークレットブーツ先進国である背景があったと思われます。

���������

ご存知、韓国は世界でトップクラスの美容整形大国ですが、女性のみならず、男性も自分たちの見栄えをよく見せるかの産業が、発達しています。

シークレットブーツ市場も、韓国の中では密かに大きな広がりを見せていて、そのラインナップも非常に豊富です。

32bcd32a9b688eeef014c71165e1f280

266a96abc3c39fd96ba26826a0afca79

そうした状況で、同じ朝鮮半島の金正恩がシークレットブーツに興味を持つのは自然のことかもしれませんが、しかし、シークレットブーツの着用は、歩行時の姿勢を大変不自然にします。

しかし、一度、シークレットブーツを履いてしまうと、なかなか着用を辞めるわけには行かなくなるといいます。というのも、シークレットブーツを脱ぐと、急激に身長が低くなることで、自分の周りの景色も急激に変わるし、また周りの人も身長が低くなったことに気づいてしまうからです。

しかし、今後の健康のことを考えると、これ以上、シークレットブーツを着用することはかなりのリクスを伴います。

はたして、今後、金正恩は命の危険を犯してまで、シークレットブーツを履き続けるのでしょうか?

Total 1 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

コメントを残す