目次

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

誤報を求めるも、謝罪を拒否し、自社に都合の悪いことを書いた雑誌の広告も拒否し、また自社に都合の悪い記事も排除してきた朝日新聞。

そんな中で、朝日新聞関係者が自らの身分を隠さず、自社の姿勢に対して意義を唱えました。これは朝日新聞社が設立されて以来、初めてのことではないでしょうか。

武田 肇   Hajimu Takeda on Twitter  私は組織に忠実な企業内記者の一人ですが、夕方、このニュースを聞いて、はらわたが煮えくりかえる思いでした。極めて残念です(査定に響きませんように…) /池上彰氏が原稿掲載拒否で朝日新聞の連載中止を申し入れ(週刊文春) - Y!ニュース http   t.co 0gEApyW4Lf

 

朝日新聞社の社員であることを包み隠さず、ツイッターで公開発言することは、ずいぶんと思い切ったことだと思われるのですが、しかしそれでも怒りの収まらない人たちは、彼に対して次のように質問している。

中島章智 on Twitter  @hajimaru2 はらわたが煮えくりかえる思いは、朝日新聞に対してですか、それとも、池上さんに対してですか?

このひと以外にも、複数名、同じような質問をしていました。

そして、武田肇氏ははっきりと、朝日新聞社への報道姿勢に対して、怒りを覚えたと明言したわけです。

 

そんな彼の勇気と良心を、褒めてあげてもいいのではと思うものの、2ちゃんねるやツイッターでは、彼の発言に対して辛辣な意見が大半を占めます。

たとえば次の通り。

そういう新聞社ってわかって入ってたのに今更批判て
朝日潰れた後の行先探しのアリバイ作りとしか思えない

そういう新聞社ってわかって入ってたのに今更批判て
朝日潰れた後の行先探しのアリバイ作りとしか思えない
チョウニチ新聞の現役記者とやらが、はらわたが煮えくりかえる思い ってか?
思いだけなんだろ~~~
組織に忠実って言うなら、どう行動するのかな?
煮えくりかえる思い のままかい?

 

どうせ最初は池上に対して「はらわたが煮えかえる思い」だったけど
空気を読んで「自社に対して」と答えたんじゃまいか
なんせ朝日の人間

 

つまり、もっとうまく国民を騙せよってこったろ?

 

辞表叩きつけてから言えよ、売国記者が。

 

左遷決定おめでとう

 

池上への対応には怒りを覚えても、永年に渡る一連の所謂「従軍慰安婦報道」や謝罪のない「検証記事」には怒りを覚えないと。

査定を気にしてる様ではジャーナリズムは無理だな。

 

もうね、こういう内部から本当に自己批判してくれるまともな奴が
現れたとしてもイメージ改善の為の「自作自演」と思われてしまうくらい、
信用を無くしていると意識した方が良い。
俺も信用していない。朝日新聞、お前らは「余りにもひどい嘘をつき過ぎた」。
恐らく俺以外の人間も同じ気持ちだろう。

どうせあれでしょ
記者は反省していますアピールをしろと上から命令されたんでしょ
「私は組織に忠実な企業内記者の一人ですが」と断ってるくらいだし

 

 

 

武田肇氏の発言に対して、わざわざ反応してコメントをするくらいの人は、よっぽど朝日新聞社への反感が強い人であると考えられるし、2チャンネルやツイッターを世論として考えるには、偏りがあるかもしれないものの、こうした武田氏への言葉をながめると、朝日新聞は、本当に危機的な状況に置かれていると言えます。

最近、朝日新聞社は自社への批判めいた広告や、記事を徹底排除しているので、この自社社員の自社批判に対して、どういう行動を取るのか、たいへん気になるところです。

なお、この武田肇氏は、自分の発言に対して、次のように反省しています。

���������

武田 肇   Hajimu Takeda on Twitter  @sasouonna11 言い訳を発信、と解されても仕方ないですね。大事なのは、自分の行動。この局面で、査定云々とか小さなことを書いて反省しています。

普通の会話であれば、こうした査定云々は、冗談話として片付けられても良さそうなものですが、

そうした発言の枝葉の部分にまで、噛み付く人がいるということは、よほど、朝日新聞社に対して

怒っている人がたくさんいるわけで、事態も非常に深刻であるということでしょう。

 

ちなみにこの忠実な朝日新聞社の記者である武田肇さんは、自己紹介欄で韓国への留学経験もあるという、。

武田 肇   Hajimu Takeda  hajimaru2  on Twitter

自己紹介欄ではハングル文字で「日朝問題について心配をしている」と言っています。

どんな形であれ、こうして自社への批判を堂々と公にする、記者として、ジャーナリストとしての良心と勇気を持ち合わせる武田肇氏には、ぜひ、今後とも頑張ってもらいたいものです。

Related Post

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

コメントを残す