目次

Sponsered link

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

宇多田ヒカルとの離婚後コメントが未練がましかった?

20130619_utadahikaru_23 紀里谷和明さんは、2000年に宇多田ヒカルと2002年9月に結婚したものの、4年半の結婚生活の後、2007年3月に離婚しました。その後女性誌『FRaU』のインタビューの中で、宇多田ヒカルにたいしての思いを次のように語っています。

「今でも愛している。未練があって、ということではなくて。結婚するときに『一生一緒に添い遂げる』誓っているわけで、その誓いを今でも精神的に守っている」

離婚した理由はわかりません。宇多田ヒカルさんに問題が会ったのか、紀里谷和明さんに問題があったのか?男女関係は複雑なもので、単純にどっちが悪いと決め付けにくいものですが、世間はついつい単純に考えたくなるもの。

そんな状況の中で、最大限、宇多田ヒカルさんを気遣った、上記のような紀里谷和明さんの発言、特に「今でも愛している」という部分だけが強調されて「女々しい」「未練たらしい」「宇多田ヒカルに逃げられたな」と受け止められていました。

マツコが再婚狙ってるかも?wカッコいいと紀里谷和明を絶賛

紀里谷和明と再婚を狙っている?マツコ

しかし、紀里谷和明さんのそうした発言も含め、再評価する動きが出てきています。その大きなきっかけとなったのがフジテレビの番組『アウト×デラックス』です。そこではキックボクシングで鍛えたという体に無精髭、シンプルな服装、に素直な物言いで、マツコ口説きたいけど口説けないジレンマを「あたしもバカじゃないから分かる。この男は切り崩せない」と表現し、さらに番組が自主規制しなければいけないほどの、性的な発言をもって紀里谷和明さんを賛美賞賛していました。

そんな折に、宇多田ヒカルさんの方では、自殺した実母の藤圭子さんの喪が明けないうちから、早々とイタリア人一般男性と再婚をしたことで、一部では非難の声が上がったこともあり、女々しかったように思われていた紀里谷和明への再評価につながっているようなのです。

バツイチ男の紀里谷和明さんですが、今はもう、ひと目でマツコを発情させてしまうほどのモテモテモードぷんぷん

再婚も間近でしょうか。そんな紀里谷和明さんの魅力を徹底分析してみました。

生い立ち、経歴がかっこいい

紀里谷和明は中学校中退で単身渡米。もうそこからしてカッコいいのですが その後、アートスクールで学び、卒業後はデザイン会社を設立しますが、失敗、その後しばらくヨーロッパ・アフリカを放浪していたといいます。
そうした時期を経た後に、友人から頼まれた音楽雑誌の写真がきっかけで、クリエイターとして、ビッグスターの仕事を引き受け、次々と成功の階段を登って行くこととなります。

パチンコ店経営という父親の裕福なバックグラウンドがあったからこそ、そもそも中学生が単身でアメリカに行って生活ができたのでしょうが、その後、いろいろと失敗の時期を経たのちに、アーティストとして快進撃をしていくのですが、自ら暗黒時代と呼んでいる、何をやってもうまくいかない時期を経た後に、まさにマンガのような成功ストーリーを展開していくところが、すごく共感ももてるし、かっこいいですね。

仕事がかっこいい

紀里谷和明氏の職業は、映画監督であり写真家、いわゆるクリエイターです。

今までも宇多田ヒカルはもちろんSMAP・MISIA・サザンオールスターズ・Mr.Children・浜崎あゆみなどといった、日本の超一流ビッグスターたちのジャケット写真やミュージックビデオを手がけてきています。

さらにミュージシャンのYOSHIKIと映画監督の岩井俊二と共にクリエイターのためのソーシャル・ネットワーキング・サービス「FREEWORLD」を開設し、クリエイター育成にも積極的に参画しています。

いまやクリエイターして、宇多田ヒカルに押しも押されぬ存在になりました。

世界観がカッコいい

紀里谷和明さんは、さすがクリエイターだけあって、独自の哲学と世界観を持っています。それはベジタリアンとシンプリズム。自身のベジタリアンに関しては、肉どころか魚も食べないという徹底のしようで、雑誌プレジデントのインタビューで次のように述べています。

肉と魚を食べないベジタリアンです。この食生活を選んだのは2年ほど前。食肉1キログラムを生産するために、その約10倍の穀物が飼料として使われ、一方で飢餓により死ぬ人がいること。また、肉は生産や輸送の過程で二酸化炭素を大量に排出するため、肉を食べないことは地球温暖化対策になるという考え方を知ったからです。

そして自らのこうしたライフスタイルに関して、それを他人に押し付けるようなこともなく、実に謙虚に次のように述べています。

俺が言うのはおこがましいことはわかっていますが、社会は個人の集合体であり、ひとりひとりの行動によって社会を変えていくことができる。」

また、ものを持たない主義で、全財産が一つのケースに収まるほどだといい、服に関しては、以前は着飾っていた時期もあったことを認めつつ、テレビでは次のように発言しています。

以前はロンドンまで服を作りに行ったこともあったそうだが「俺は何を隠しているんだろう」と思うようになったという。「着飾ったりとか、いい車に乗ったりとか、でかい家に住んだりとか。それって自分に欠けてるものがあると思い込んでやってる」

とかく、こうした考え方は、どうしても他人に対しても批判になりがちですが、紀里谷和明さんの場合、説教臭くなることなく、尖っているようでいて実に謙虚。非常に好感が持てますね。

���������

外見がかっこいい

当初は色白な不健康そうな感じでしたが、スーツでビシッとしたスタイルを見せたかと思うと、今は、無精髭を生やしたロン毛と、そのステージに応じて、いろいろなスタイルを見せてくれる、紀里谷和明さん。

今では、ベジタリアンでありながら、キックボクシングで鍛えてムキムキ。おもわずマツコも興奮させてしまったほどです。

まさに七変化な紀里谷和明さんは、生き方や世界観がそのままスタイルににじみ出ているようで、すごくかっこいいですね。

その時時に、変幻自在なスタイルを見せてきた紀里谷和明

その時時に、変幻自在なスタイルを見せてきた紀里谷和明

まとめ

当初、未練がましいと言われました。クリエイターである紀里谷さんであれば、そのような発言が、どういう受け止め方をされるかは承知のはず。

そこをあえて、そうした正直な思いを臆することなく発言したことで、逆に、愛とはなにか、結婚とはなにかを気付かされてくれた、そんなふうに思います。

これからも、紀里谷さん、素晴らしい作品をクリエイターとして生み出してもらいたいものです。

自身の再婚に関して、次のように発言しています。

「別に彼女がほかの人を愛して結婚してもそれでいいし、俺もいずれはそうするだろうけど、

紀里谷和明さんが、どのような女性と再婚するか、今後も目が離せませんね。

Related Post

Total 0 Votes
0

Tell us how can we improve this post?

+ = Verify Human or Spambot ?


���������

コメントを残す